シミのない美しい肌へ。

一向に薄くならない

美容のために進化し続けるシミ取り

いくらクリームを塗ろうと、いくら色々なサプリを飲み続けてみても、一向にシミが薄くならない、と鏡の中の自分をのぞき込んでため息をついてしまう……なんてことはないでしょうか。このシミさえなければもっと顔のトーンが明るくなるだろうし、些細なことかもしれないけれど同時に自分の気持ちだってぐっと明るくなるはずなのに、と思わずにはいられないものです。化粧品やサプリなどを見るとそれでどうにかできそうな気持になるもので、それは決して間違ってはいないこともありますが、化粧品やサプリでシミを取るには思いのほか時間がかかり、日常生活でも紫外線に気をつけたりとやらなくてはならないことが山ほどあります。ですからもっと端的にシミを取りたい、と言うのであれば美容外科で医師の力を借りてシミを取りにかかるべきだと言えるでしょう。しかし、一体どうやってそんな簡単にシミを取ることができるのかと疑問に思う人も多いかと思います。美容外科で受けることのできるシミの取り方は様々で、どういった消し方をしたいか、何を求めるのかによっても選ぶべきものは違ってきます。だからこそ、美容外科へ行く前にどういった方法があるのか、と言うところにきちんと目を向け、自分なりのシミを取るための計画を立てていく必要があります。今こそシミを取ってしまってより若く綺麗な自分を取り戻したい、そんな時は是非今一度、どういった取り方があるのか熟考してみましょう。

シミ取りで気をつけたいこと

女性が憧れる肌のひとつにシミのない透明感のある肌があります。シミのない肌をしていると若く見られるようで、美白効果のある基礎化粧品も人気です。しかし、高価な美白の基礎化粧品を使用しても、効果が実感できなかったり逆に肌トラブルを起こしてしまう人もいるようです。その原因として、基礎化粧品の成分が肌に合わないことが考えられます。しかし、キレイな肌になりたいと言う願いが尽きることはありません。そのため、美容外科でのシミ取りをする女性も増えています。美容外科でのシミ取りは、レーザー治療や光治療、超音波治療、イオン導入など日々新しい治療方法が開発されています。痛みが少なかったり、1回でも効果を実感できるようになったりと女性にとって嬉しい進化を続けています。

では、美容外科でのシミ取りなら、誰にでも効果があるのかと言うとそうではないようです。やはり、ひとりひとり肌質が違います。肌が強い人もいれば、敏感な人もいます。ですので、もし美容外科でシミ取りをしようと思っているのであれば、ドクターと相談して肌に合った治療方法を選ぶことが大切です。また、予め費用を確認しておくことも大切です。総合病院などの中に美容外科がある場合、シミ取りの治療も保険の対象だと思ってしまう人もいるようですが、普通のシミは病気ではないため保険適用外となるため治療費は全額自己負担です。費用が気になるのであれば、クリニックのホームページなどに掲載されていることもあるので、確認してから受診することも大切です。

TOPICS

うつむく女性

レーザーでの治療

シミの取り方には色々ありますが、その中でも一番の定番とも言えるのがレーザーにより治療です。短時間で綺麗にシミを取り除くことができるので、さくっと消してしまいたい、そんな時におすすめです。

目線をそらす女性

ケミカルピーリング

濃いものではなく薄いシミが沢山あるというのであれば皮膚の表層に蓄積された古い角質を取っていくケミカルピーリングという取り方もあります。ただ取るだけでなく肌全体の調子を整えたいならこちらを一考するのも良いでしょう。

正面を見る女性

不足しがちなビタミン

シミが出来てしまう原因として、ビタミン不足が挙げられます。いつも不足してしまいがちなビタミンをきちんと取ることでシミを薄くできるので、大掛かりな取り方は少し不安と言うのであれば、ビタミン注射などが良いでしょう。

注目記事

頬に手を当てる女性

施術の前の注意

色々なシミの取り方がありますが、どういった方法を選ぶのかによって気を付けておくことも違ってきます。ですから注意点も検討した上で、どういった取り方を選ぶのか考える様心がけたいところです。

美肌の女性

美容外科選びは

シミを取りに行くにあたってまず考えなくてはならないのが美容外科です。きっちりとシミを綺麗に消してくれる、そんな信頼できる医師のいるところを、しっかりリサーチして選びましょう。